Linux活用レシピ > 家電の制作 > Amazonプライム・ビデオをRaspberry PiとKodiを使ってリビングのテレビで見る方法
このページでは、映画・ドラマ・アニメが見放題の「Amazonプライム・ビデオ」をRaspberry PiとKodiを使ってリビングのテレビで見る方法を紹介します。


Amazonプライム・ビデオをラズパイを使いTVで見る方法
KodiへAmazonプライム・ビデオのアドオンを入れる

Amazonプライム・ビデオのアドオンの導入

    ここまでで、「Kodi」の自動起動と日本語化ができました。
    ここからは、いよいよDAZNのアドオンを導入します。

    まず最初は日本語表記になっている「Kodi」のトップ画面から。以下の通り「アドオン」を選択します。

    以下の通り、「アドオン」画面が表示されますので、箱のマークを選択します。

    以下の通り「 アドオン / アドオンブラウザー 」画面が表示されます。

    ここで「 zipファイルからインストール 」を選択します。

    以下の通り「不明なソースからのアドオンのインストールは無効にされています」画面が表示されます。

    以下の通り「設定」を選択します。

    すると「不明なソース」設定画面が表示されます。

    「不明なソース」設定変更を行おうとすると、以下の通り警告画面が表示されます。

    警告メッセージを確認し、内容に問題なければ以下の通り「はい」を選択します。

    「不明なソース」設定画面に戻ります。

    もう一度「 アドオン / アドオンブラウザー 」画面に戻り、「zipファイルからインストール」を選択します。

    「zipファイルからインストール」画面が表示されます。

    ここで「ルートファイルシステム」を選択します。

    以下の通りディレクトリ一覧が表示されますので「addons」を選択します。

    以下の通り「repository.sandmann79.plugins-1.0.2.zip」を選択します。

    もう一度「 アドオン / アドオンブラウザー 」画面に戻りますので、今度は「リポジトリからインストール」を選択します。

    リポジトリの一覧が表示されますので、以下の通り「Sandmann79s Repository」を選択します。

    以下の通り「Sandmann79s Repository」の中身が表示されます。

    以下の通り「ビデオ アドオン」を選択します。

    以下の通り「ビデオ アドオン」の中身が表示されます。

    ここでようやく「Amazon VOD」が表示されますので選択します。

    「Amazon VOD」アドオンの画面になりますので、「インストール」を選択します。

    追加のアドオンのをインストールするか確認を求められますので、「OK」を選択します。

    以下の通り「アドオン / ビデオアドオン」画面に戻り、「Amazon VOD」のアドオン部分が「インストールしています XX%」とステータス表示に変わります。

    以下の通り、「Amazon VOD」のアドオンの先頭にチェックマークがつけば、インストールができています。

    ここからは「Amazon VOD」のアドオンの初期設定を行います。
    以下の通り最初の画面に「ESC」キーで戻って、「アドオン」メニューの中に「Amazon VOD」のアドオンがあることを確認します。

    以下の通り「Amazon VOD」のアドオンのアイコンの上にマウスカーソルを合わせ、右クリックします。

    以下の通り「設定」を選択します。

    「Amazon VOD」の設定画面が表示されますので、

    「Connection」を選択します。

    以下の通り「Region」を「Japan」に変えます。

    次に「Sign In」を選択します。

    以下の通り「Email Address」を求められますので、Amazonプライム会員で登録しているメールアドレスを、入力します。

    ※事前にAmazonプライム会員の登録が必要ですので、ご注意ください。

    そして「パスワード」を求められますので、Amazonプライム会員で登録しているメールアドレスに対するパスワードを入力します。

    認証が通れば、以下の通り「Login successful」と表示されます。

    最初の画面に戻りますので「Amazon VOD」を選択します。

    「Amazon VOD」に接続している表示があり、

    「Amazonプライム・ビデオ」のメニューが表示されます。

    さて、ここからもう少し「Amazonプライム・ビデオ」を見るにはモジュールが必要です。
    モジュールは、実際の映像コンテンツを最初に開いた際に、インストールされていきます。
    ここから、以下の通り「鬼滅の刃」を検索し、その映像コンテンツを開く際に、インストールが始まる様子で説明します。
    まず「Search」を選択します。

    検索画面が表示されますので「鬼滅の刃」をローマ字表記し先頭の「kimetsu」で検索します。



    以下の通り検索できましたので、「鬼滅の刃 Season 1」を選択します。



    「鬼滅の刃 Season 1」の第一話からずらりと映像コンテンツが表示されますので、第一話を選択します。



    ここで、「inputstream.avaptive」を有効にする必要があるメッセージが表示されますので「はい」を選択します。

    ※ここでエラーになる場合は、「Kodi導入」のステップでapt-getでインストールした「kodi-pvr-hts」「kodi-inputstream-adaptive」「kodi-inputstream-rtmp」のいずれかが、インストールできていない可能性がありますので、もう一度そのステップを確認してみてください。

    続いて「Widevine CDM is required」画面が表示されます。

    以下の通り「Install Widevine」を選択します。

    さらに「Information」が表示され、「Widevine CDMはChrome OSのリカバリイメージから抽出する必要があり、その作業には2Gバイトのディスクスペースが必要」と、表示されます。
    こちらも、以下の通り「はい」を選択し、処理を進めます。

    ※8Gバイト以下のSDカードの場合は、この処理が空き容量がなく出来ません。これまでに説明した通り16Gバイト以上のSDメモリカードで作業することが、このレシピでは必要です。

    さらに「Widevine CDM EULA」(使用許諾契約)が表示されます。
    以下の通り「I accept」を選択して、処理を進めます。

    次にroot権限で処理されるコマンドが表示されます。
    以下の通り「I accept」を選択して、処理を進めます。

    すると、以下の通りChrome OS のリカバリイメージのダウンロードが始まります。

    ※ネットワーク環境にもよりますが、10分はかかります。

    ダウンロードが終われば、以下の通り次の処理に10分程度かかるメッセージが表示されます。



    処理が終われば、第一話が始まります。



    以上で一通りの設定は完了しました。あとはリビングのテレビにRaspberry Piを付け替えるだけです。
    一旦「Kodi」を終了しましょう。
    終了はひたすら「ESC」キーを押し、以下の最初の画面まで戻ります。

    ここで、以下の通り電源マークにカーソルを合わせ選択すると、

    以下の通り「電源オプション」が表示されるので、

    以下の通り「システムの電源を切る」を選択すると、Kodiが終了し、Raspberry Piの電源が切れます。

    なお、ここで、「システムの電源を切る」ではなく「終了」を選択すると、
    以下の通り、Raspbianに戻ります。