Linux活用レシピ > 家電の制作 > RaspberryPiでライブストリーミング環境を構成
このページでは、「Raspberry Pi」と、それで動作するOS「Raspbian」で、安価にリアルタイムの動画を配信する環境(ライブストリーミング環境)を構成するレシピを紹介します。

Raspberry Piを使ったライブストリーミング環境の製作

    安価なライブストリーミング環境(動画生配信環境)を構成しよう


    インターネットは5Gの時代を迎えます。人と物が超低レイテンシーでつながる時代、空間もリアルタイムに共有されることになり、その中でも映像と音声はとても重要な情報となります。

    一方リアルタイムの動画配信(ライブストリーミング「生放送」)はこれまでTV局が高価な機材を使って、公共の電波を介して行ってきましたが、これからはYouTubeLiveなどを通して、個人で手軽に行うことができるようなっております。

    このページでは、そんな個人で手軽にライブストリーミングを行える環境を「Raspberry Pi」を使って構成する方法や、「YoutubeLive」を使って世界中に生放送する方法を紹介します。
    特に「Raspberry Pi」は入手価格が安く、消費電力が少いので初期コストもランニングコストも低い生放送環境ができますので、試されてはいかがでしょうか。


    ラズベリーパイ(約5,000円) Webカメラ(約1,500円)