Linux活用レシピ > 会社で活用 > 格安の事務用パソコン
このページでは、「Raspberry Pi」と、それで動作するOS「Raspbian」を利用して、フリーのOfficeソフトLibreOffice日本語版を含んだ、格安の事務用パソコンを作成するレシピを紹介します。


格安の事務用パソコンを作成


ここでは、Raspberry Pi のOS「Raspbian」をダウンロードし、RaspbianとLibreOfficeを日本語化するレシピを紹介します。

目次



1. Raspbianの入手

1-1. Raspbianのダウンロード

まずは「Raspberry Pi」を動作させるOS「Raspbian」を以下のサイトから入手します。
  • https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/
  • 接続すると以下の画面が表示されますので、「Raspbian Jessie with PIXEL」の「Download ZIP」をクリックして入手します。



1-2. Raspbianのインストール

    ダウンロードしたイメージはZIP解凍し、イメージライターツールなどでSDカードに書き込んでください。


以上で、パソコンの準備は完了です。いよいよカスタマイズを始めます。

▲目次


2. 日本語化

2-1. Raspbianの起動

    Raspbianの入ったSDカードをRaspberryPiに差し込み、

    電源を入れて起動します。

    起動画面は以下のようになります。

    以下のデスクトップ画面になれば、起動は完了です。


2-2. 必要モジュールのインストール

    デスクトップ画面の上のメニューから以下の通りコンソールを起動します。


    以下のコマンドで、リポジトリを最新にします。
    pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get update[ENTER]

    次に、以下のコマンドで、必要モジュールをインストールします。
    pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic \
     xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname uim uim-anthy \
     jfbterm [ENTER]
    ※途中インストールするかどうか聞かれますので「Y」を入力して[ENTER]キーで処理を進めてください。

    コンソールが返ってくれば必要モジュールをインストールは完了です。

▲目次



2-3. Raspbianの日本語化

    デスクトップ画面の上のメニューから以下の通り「Preference」-「Raspberry Pi Configuration」を選択します。


    以下の通り「Raspberry Pi Configuration」が起動しますので、「Localisation」タブをクリックします。


    以下の通り「Localisation」画面で「Set Locale」ボタンをクリックし、「Local」画面を表示させます。



    「Local」画面では、以下の通り「Language」を「ja (Japanese)」、「Country」を「JP (Japan)」、「Character Set」を「UTF-8」に設定し、「OK」ボタンをクリックします。


    次に、「Localisation」画面に戻りますので、「Set Timezone」ボタンで、以下の通り「Timezone」画面を表示します。

    「Timezone」画面では、以下の通り「Area」を「Asia」、「Location」を「Tokyo」に設定し、「OK」ボタンをクリックします。


    次に、「Localisation」画面に戻りますので、「Set Kebord」ボタンで、以下の通り「Keybord Layout」画面を表示します。

    「Keybord Layout」画面では、以下の通り接続しているキーボードを選択します。通常は「109」キーボードを使われているかと思いますので、「Japanese(OADG 109A)」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。


    最後に、「Localisation」画面で「OK」ボタンをクリックすると、以下の通り再起動を促すメッセージが表示されますので「Yes」ボタンをクリックし、再起動します。


    再起動すると、以下の通り日本語化されたRaspbianが起動します。

▲目次


2-4. LibreOfficeの日本語化

    デスクトップ画面の上のメニューから再びコンソールを起動します。

    pi@raspberrypi:~ $ 

    以下のコマンドでLibreOfficeのバージョンを確認します。
    pi@raspberrypi:~ $ sudo dpkg -l | grep "libreoffice "

    結果以下通りインストールされているLibreOfficeのバージョンが表示されますので、これを控えておきます。
    ii  libreoffice                           1:4.3.3-2+rpi4 <-これがバージョン
        armhf        office productivity suite (metapackage)
    

    以下のUbuntuのサイトから「libreoffice-l10n-ja_X.X.X-0ubuntu1_all.deb」という形式のファイル名でX.X.Xのバージョンの部分が一番近いものを選びます。
    http://archive.ubuntu.com/ubuntu/pool/main/libr/libreoffice-l10n/

    上記例では、バージョンは「4.3.3-2」ですので、libreoffice-l10n-ja_4.4.2-0ubuntu1_all.debをチョイスし、以下の通りコンソールでダウンロードします。
    pi@raspberrypi:~ $ wget http://archive.ubuntu.com/ubuntu/pool/main/libr/libreoffice-l10n/libreoffice-l10n-ja_4.4.2-0ubuntu1_all.deb

    ダウンロード出来れば、以下のコマンドでインストールします。
    pi@raspberrypi:~ $ sudo dpkg -i ./libreoffice-l10n-ja_4.4.2-0ubuntu1_all.deb
    

    以上でLibreOfficeの日本語化は完了ですので、以下の通りダウンロードしたファイルを消します。
    pi@raspberrypi:~ $ rm -i ./libreoffice-l10n-ja_4.4.2-0ubuntu1_all.deb
    

    LibreOfficeが日本語化できているか確認しましょう。まずはWriter


    次にCalcです。


    このようにOfficeソフトも日本語化出来ましたので、格安の事務用パソコンができました。

▲目次