Linux活用レシピ > 製品紹介 > BootRescue


Boot Rescue ご利用方法


はじめに

    この利用手順では、起動できなくなったパソコンを「BootRescue」CDから起動して、 別のWindowsPCからネットワーク経由でファイルを救出する手順を説明します。


    説明の中で、起動できなくなったパソコンを「要救助PC」、起動できなくなった パソコンからネットワーク経由でファイルを救出するパソコンを「救助PC」と表現 して説明を進めていきます。


    要救助PC救助PC
    起動できなくなったパソコン起動できなくなったパソコンから
    ファイルを救出するパソコン



BIOSの設定

    まず、CDから起動できるよう要救助PCのBIOSの設定を行います。


  • 要救助PCの電源を入れ「Delete」や「F1」等を押してBIOSを起動してください。

    要救助PC
    BIOSを起動してください。
    ※BIOSの起動についてはPCのマニュアルをご確認下さい。マニュアルがない場合はPC電源ON直後に出るメッセージで判断してください。


  • 起動順序の設定項目で、HDDよりCD-ROMが優先するように以下の例のように設定してください

    ※BIOSによって画面イメージが違いますので、上図は参考程度にご確認ください。



ネットワーク準備

  • 要救助PCと、救助PC同士をLANクロスケーブルやHUBで接続してください。


    要救助PC救助PC
    LANクロスケーブル
    やHUBで接続


  • 接続する場合のユーザ名は「root」になりますのでそのパスワードを決めてください。
    ユーザ名root
    パスワード←決めてください
    ※BootRescueのバージョンが1.13以前の場合はユーザ名は「knoppix」となります。


  • 救助PCのWindowsのバージョンが「Windows95,98,98SE,Me」といった古いバージョンの場合は、「コントロールパネル」-「ネットワーク」で 「Microsoftネットワーククライアント」を導入し、Windowsから一旦ログオフして、ユーザ名「root」と、上で決めたパスワードを用いてWindowsにログオンし直しておいてください。
    救助PC
    古いバージョンのWindowsの場合、ユーザ名「root」でログオンしておく。
    ※BootRescueのバージョンが1.13以前の場合は「knoppix」でログオンしておいてください。



ハードディスクの共有

  • 要救助PCのCDドライブに「Boot Rescue」のCDを挿入し電源を入れて起動します。
    要救助PC

    ↑↑↑挿入↑↑↑

    「BootRescue」CDを挿入し、電源を入れて起動。


  • 起動直後「Boot Rescue」の起動画面が表示されます。
    「boot:」メッセージが表示されている状態でそのまま「ENTER」キーを押してください。

    起動処理が始まります。

      ※Ver1.12より、この起動画面で「knoppix 2 [ENTER]」を入力すると、以降の処理で全ての設定を自動で行う「自動共有」がご利用頂けます。
      ※Ver1.6.2より、この起動画面で「knoppix 4 [ENTER]」を入力すると、共有を行わずBootRescueをUSBメモリなどにインストールするツールが起動します。
      ※Ver1.6.2より、この起動画面で「knoppix 5 [ENTER]」を入力すると、共有を行わずKNOPPIXが起動します。


  • 以下のようにBootRescueを、日本語モードで実行するか、英語モードで実行するか問い合わせが表示されます。
            BootRescue_Ver1.8.0     http://linux-memo.net/
      ========================================================================
    
            Do you start in GUI-Japanese mode?
    
                     Y or y => GUI-Japanese mode (Default)
                     N or n => CUI-English mode
    
     To run 10 seconds, in GUI-Japanese mode  (Y/n) > 
    
    Y」または、「y」キーを入力したのち、「ENTER」キーを入力して、日本語モードでご利用下さい。
    なお、何も入力されなかった場合も、10秒後に日本語モードでBootRescueが起動します。

    ※日本語モードで画面が表示されない場合は、ここで「N」または「n」キーを入力頂き、「ENTER」キーを入力頂き、BootRescueを英語モードでご利用ください。
    英語モードは、メッセージ表示が英語になってしまいますが、ディスクの共有は可能です。以降の画面の表示を日本語に読替えて作業を進めてください。


  • 起動処理完了後、以下の画面が表示されIPアドレスを設定するよう指示が出ます。
     1. IPアドレスを設定して下さい。 [ ENTER ]
    

    画面の指示通り「ENTER」キーを押してください。


  • IPアドレスの設定画面が表示されます。※Ver1.6.2より前のバージョンのIP設定はこちら

    まず、ネットワークカードが複数搭載されている場合はどのネットワークカードに IPアドレスを設定するか以下の画面が出ますので「↓」「↑」キーで選んで、[ENTER]キーを押します。
    ※1枚しかネットワークカードがない場合、この画面は表示されません。


    次に、以下のDHCPを使うかどうかのメッセージ画面は「TAB」キーで「No」を選択し、[ENTER]キーを押します。
    ※ネットワーク上にDHCPサーバが存在する場合は ここは「Yes」を選択してIPアドレスの自動割当サービスを受けてください。
    この場合、以降の説明はIPアドレス確認メッセージまで読み飛ばしてください。

  • ネットワークカードの設定メニューが以下の通り表示されますので、各項目をネットワーク環境にあわせて入力して行きます。

  • まずはIPアドレスを入力します。上図の通り「IPアドレス」と「変更を選択」が青反転された状態で「ENTER」を入力すると、IPアドレスの入力画面が以下の通り表示されます。

    ネットワーク環境にあわせIPアドレスを入力し[ENTER]キーを押してください。
    以下の例では「192.168.0.100」を指定しています。

  • ネットワークカードの設定メニューに戻りますので、先ほど設定したIPアドレスが表示されていることを確認してください。

    次にサブネットマスクの入力を行いますので、以下の通り「ネットマスク」を「↓」下矢印キーで青反転させ「ENTER」キーを入力してください。

  • サブネットマスクの入力画面が表示されますので、入力を行って[ENTER]キーを押します。
    以下の例では「255.255.255.0」をそのまま指定しています。

  • ネットワークカードの設定メニューに戻りますので、次に「ブロードキャストアドレス」を「↓」下矢印キーで青反転させ「ENTER」キーを入力してください。

  • ブロードキャストアドレスの設定画面が表示されますが、先のIPアドレスとサブネットマスクで自動計算された値が既に表示されていますので、通常そのまま[ENTER]キーを押します。

  • ネットワークカードの設定メニューに戻りますので、次に「デフォルトゲートウェイ」を「↓」下矢印キーで青反転させ「ENTER」キーを入力してください。

  • デフォルトゲートウェイアドレスの指定はルータがネットワーク上にある場合は入力し、それ以外はそのまま[ENTER]キーを押します。

  • ネットワークカードの設定メニューに戻りますので、最後に「ネームサーバ」を「↓」下矢印キーで青反転させ「ENTER」キーを入力してください。

  • ネームサーバの指定はDNSサーバがネットワーク上にある場合は入力し、それ以外はそのまま[ENTER]キーを押します。

    以上でIPアドレスの設定は完了です。

    以下の通り設定内容が間違いないか確認し、「閉じる」を「→」右矢印キーで青反転させ「ENTER」キーを入力してください。

    次に設定したIPアドレスの確認画面が以下のように表示されますので、[y]キーを入力して[ENTER]キーを入力して下さい。
     IPアドレスは ( 192.168.0.100/24 : eth0 ) でよろしいですか ? [ y/n ] >
    
    ※IPアドレスの後ろの「/」から後はサブネットマスクとネットワークカードのデバイス名です。
    ※ここで[n]キーを入力して[ENTER]キーを入力すると、もう一度IPアドレスの設定に戻ります。


  • 続いてディスクの確認と接続が自動的に行われ、以下のようなメッセージが表示されます。

     2. ディスクを確認中です。
    Disk /dev/sda: 19457 cylinders, 255 heads, 63 sectors/track
    Units = cylinders of 8225280 bytes, blocks of 1024 bytes, counting from 0
    
       Device Boot Start     End   #cyls    #blocks   Id  System
    /dev/sda1   *      0+     12      13-    104391   83  Linux
    /dev/sda2         13     534     522    4192965   83  Linux
    /dev/sda3        535     567      33     265072+  82  Linux swap
    /dev/sda4        568   19456   18889  151725892+   f  W95 Ext'd (LBA)
    /dev/sda5        568+  19456   18889- 151725861   83  Linux
    
     3. パーティションをマウントしています。
       sda1 を読み込み専用でマウントします。
       sda2 を読み込み専用でマウントします。
       sda5 を読み込み専用でマウントします。
    
    ※ここで 「"エラー : 共有対象のディスクは見つかりませんでした!"」 と表示された場合は、ハードウェアが対応していないためディスクが認識していないか、ディスクが物理的に壊れているため、接続できない可能性があります。


  • 続いて要救助PCに接続する際のユーザ「root」のパスワードを設定する画面が以下のように表示されます。

     4. 共有対象に接続するユーザ ( root ) のパスワードを設定してください。
    New SMB password:
    「ネットワークの準備」で決めた「root」のパスワードを入力して[ENTER]キーを押してください。
    なお、入力したパスワードは「*」マークで表示されませんのでご注意ください。
    ※BootRescueのバージョンが1.13以前の場合はユーザ名は「knoppix」となります。

    もう一度以下のように入力を求めてきますので、同じようにパスワードを入力して[ENTER]キーを押してください。
    Retype new SMB password:


  • この後、要救助PCのハードディスクの共有処理が自動的に実施されます。
    ネットワークの共有ができれば以下のメッセージが表示されます。
    
    
    
    
     共有準備が出来ました。Windowsから「\\192.168.0.100\mnt\」に
     ユーザID「root」で接続してください。
    
    
     Boot Rescue のご利用ありがとうございます。
    
                                                  Linux活用レシピ
                                                  http://linux-memo.net/
    
    
    
     Windowsからの救済が終わりましたら [ ENTER ] を押してください。
     シャットダウンを行います。
    ※BootRescueのバージョンが1.13以前の場合はユーザID「knoppix」で接続するよう表示されます。


    要救助PC
    共有完了!!


    以上で要救助PCのハードディスクの共有は出来ました。
    次に、共有されたディスクから救助PCを使ってファイルを取得する手順を説明します。



共有されたディスクに接続する手順

  • 救助PCより、Windowsの「ファイル名を指定して実行」を起動してください。
    救助PC
    「ファイル名を指定して実行」で
    「\\IPアドレス\mnt」を実行。
    この手順の例では
    「\\192.168.0.100\mnt」となる。

      Windows10で「ファイル名を指定して実行」を起動するには、以下の操作手順を行ってください。

    1. 「スタート」→「すべてのアプリ」の順にクリックします。


    2. スタートメニューの左側にアプリの一覧が表示されます。
      「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックし、表示された一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。


    3. 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。



    「名前」に「\\IPアドレス\mnt」を入力して「OK」ボタンを押してください。

    この時、指定するIPアドレスは要救助PCで設定したIPアドレスになり、この手順の例では以下のようになります。


  • 次にパスワードの入力を求められる画面が表示されますので、

    「ユーザ名」に「root」、
    「パスワード」に「ネットワークの準備」で決めた「root」のパスワードを入力して「OK」ボタンを押してください。
    ※BootRescueのバージョンが1.13以前の場合は「ユーザ名」に「knoppix」を入力してください。
    ※パスワードの入力画面が表示されず「アクセスが拒否されました」と表示される場合、救助PCでパーソナルファイアウォールが有効になっており、救助の邪魔になっている可能性があります。一時的にその機能を無効にして救助作業を行ってください。


  • しばらくすると以下のように要救助PCの共有フォルダが表示されます。
    この例では、「sda1」「sda2」のフォルダがハードディスクを表わしており、
    「sda」がデバイス名で、後ろの数字がそのハードディスクのパーティションの番号です。

    つまりハードディスクの1番目(Cドライブ)、2番目(Dドライブ)のパーティションが共有フォルダとして見えていることになります。
    それぞれのフォルダの中に、各パーティションのファイルがあります。

    ハードディスクの種類とデバイス名については、このページの最後に記載しておりますのでご確認ください。



共有されたディスクからファイルをコピー

  • あとは要救助PCで共有されているファイルを救助PCからコピーして取得してください。
    要救助PC救助PC






    →→→→→→→
    →→コピー→→
    →→→→→→→

    ↑↑↑↑↑
    「マイ・コンピュータ」のディスクに保存
    ↑↑↑↑↑
    必要なファイルをコピーして保存。


    コピーはファイルやフォルダごとに「エクスプローラ」を使ってマウスでコピーしてもいいですし、各パーティション毎に用意されている以下のバッチファイルを実行し、一気にコピーしてもいいです。


    バッチファイルを実行して一気にコピーする場合は、以下のように警告画面が出る場合がありますので「発信元」が要救助PCで設定したIPアドレスであるか確認して、「実行」ボタンを押してください。

    また、以下のようにファイルの保存先、とログの保存先が聞かれますので救助PCのコピーしたいフォルダを指定して「ENTER」キーを押下してください。
    ここで指定するフォルダはあらかじめ作っておいてください

    「コピー開始!」が表示されコピーが始まります。「コピー終了!」が出たら完了です。
    フォルダごと指定した場所に保存されます。またコピーしたログ(記録)も保存されています。



終了手順

    目的のファイルを取得できたら、以下の手順で要救助PCの共有を終了してください。

  • 要救助PCの画面には以下のようにメッセージが表示されています。
    終了する場合はこの画面で[ENTER]キーを押してください。
    
    
    
    
     共有準備が出来ました。Windowsから「\\192.168.0.100\mnt\」に
     ユーザID「root」で接続してください。
    
    
     Boot Rescue のご利用ありがとうございます。
    
                                                  Linux活用レシピ
                                                  http://linux-memo.net/
    
    
    
     Windowsからの救済が終わりましたら [ ENTER ] を押してください。
     シャットダウンを行います。

  • シャットダウン確認のメッセージが以下のように表示されますので、[y]キーを押してから[ENTER]キーを押してください。
    シャットダウンしてもよろしいですか ? [ y/n ] > y

  • もう一度聞かれますので、[y]キーを押してから[ENTER]キーを押してください。
  • Shotdown NOW ? [ y/n ]y

  • 以上で要救助PCのシャットダウン処理が始まります。最後に以下のメッセージが出たら[ENTER]キーを押して、要救助PCの電源を切ってください。
    Please remove CD, close cdrom drive and hit return.

  • 救助PCは引き続きWindowsをご利用いただいて結構です。



ハードディスクの種類とデバイス名

    標準のハードディスクとデバイス名の関係はそれぞれ以下のようになります。
    SCSI/IDE/USB/S-ATA/SASディスク
    1番目 sda
    2番目 sdb
    3番目 sdc
    4番目 sdd
    ?番目 sd?


    それぞれのデバイス名の後ろに数字をつけることで、そのハードディスク中のパーティション番号を表します。


    例)
    1番目のSATAハードディスクの1番目のパーティション:sda1
    3番目のSASハードディスクの2番目のパーティション:sdc2


    また、以下は特殊なハードディスクコントローラとデバイス名になります、knoppixではそのままでは認識しませんが、BootRescueでは認識するよう改良しております。
    HP Smartアレイコントローラ
    コントローラ0 ディスク0 c0d0
    コントローラ0 ディスク1 c0d1
    コントローラ1 ディスク0 c1d0
    コントローラ1 ディスク1 c1d1


    それぞれのデバイス名の後ろにp+数字をつけることで、そのハードディスク中のパーティション番号を表します。


    例)
    1番目のコントローラの1番目のディスクの1番目のパーティション:c0d0p1
    2番目のコントローラの2番目のディスクの2番目のパーティション:c1d1p2