Linux活用レシピ > 会社で活用 > 「Raspberry Pi 3」で格安シンクライアント

Raspberry Pi 3 を使った格安シンクライアントの製作
必要ハード

Raspberry Pi 3 本体

    まずは、Raspberry Pi 3ラズベリーパイ3)を、購入しましょう。
    Raspberry Pi 3は、Amazonやネットオークションでも販売されていますので、手軽に入手できます。

    注意!
    ただ、先代も売られていますので間違って購入しないよう、注意が必要です。特にUSBポートが4つあっても、「Raspberry Pi 1 Model B+」の可能性があります。

    ボードには、左の通り「Raspberry Pi 3 」と刻印されていますので、確認しましょう。

    モデルRaspberry Pi 3 Model B
    メモリ1 Gbyte

記憶媒体

    4Gバイト以上のmicroSDメモリーカードを準備します。

    Raspberry Pi 3は、OSをmicroSDメモリカードにインストールして、それを接続して使います。

    サイズは4Gバイトあれば、シンクラ接続用のベースOSが入ります。

    microSDカード
    4Gバイト以上

ケーブル類

    1. 電源ケーブル

    Raspberry Pi 3の電源は、スマートフォン充電器で使われている、5V 1.5〜2A の電流をUSBケーブルに出力できるACアダプタ、microUSB B端子 の電源を使います。

    注意!
    ACアダプタの中には、電流が1.2A未満のものがあります。その場合OSが起動できず、画面がカラー表示で止まることがあります。
    microUSB B端子を拡大したものが、右の写真です。
    2. モニタケーブル

    モニタケーブルは、HDMIケーブルまたは、モニタ側がDVIインターフェイスしかない場合は、HDMIとDVIの変換ケーブルを用意してください。
    HDMI端子を拡大したものが、右の写真です。
    3. LANケーブル

    LANケーブルは、「Raspberry Pi 3 シンクライアント」からサーバに接続するのに必要となります。
    4. 音声ケーブル

    音声は、3.5mmのステレオミニプラグを備えた、スピーカやステレオオーディオケーブルを準備します。

    3.5mmのステレオミニプラグ側が、Raspberry Piと接続するインターフェイスです。
    3.5mmのステレオミニプラグを拡大したものが、右の写真です。
    5. 入力インターフェイス

    入力インターフェイスとして、USBキーボードとUSBマウスを準備してください。ほとんどのものは認識します。